単身赴任について知っておきたい2つのこと


なるべく断らない事がポイント

社会人になり仕事をするようになった時は、状況によって、家族がいてもどうしても単身赴任をしなければいけない事もあります。単身赴任になると家族と離れて生活するので、家に帰宅しても一人で寂しい思いをする事もあるでしょう。ただ、将来の事を考えるとなるべく転勤を断らないのが1つのポイントです。その理由としては、会社の転勤命令に素直に従うと、それだけで高評価をもらえる点が挙げられます。特に単身赴任になってでも転勤すると、「仕事への熱意がある」と評価されやすく、将来の出世に大きくプラスに影響するでしょう。逆に、単身赴任するのが嫌だから転勤を断ると、仕事への熱意があまりないと評価されるパターンもあり、そうなると昇進や昇給などにマイナスに影響して、なかなか出世できない場合もあります。

単身赴任をした時はコミュニケーションを大事にする

単身赴任をするデメリットは、家族と直接会って話す機会が減ってしまう点です。特に、幼い子供がいる場合は、子供と触れ合う事が出来なくなってしまい、さみしさを感じてしまうかもしれません。そこで、今まで以上に電話やメールなどで家族とコミュニケーションを取り、家族との仲を深めていくことが大切です。そうする事で、例え実際に会える時間がなくても「家族のことを考えてくれている」と家族から信頼され、仲が深まっていくでしょう。最近は、テレビ電話もあるので、テレビ電話を活用するとお互い顔を見ながら通話でき、実際に会話しているような感覚になります。メールや音声だけの電話よりも深くコミュニケーションを取れますよね。もし、コミュニケーションを取らずに家族を顧みないと、あなたと家族との間に溝ができる可能性が高いです。

単身赴任の家具の中で重要なものは、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、炊飯器、布団などです。レンタル家具を利用すると便利です。