一人暮らしをする前に準備しておく2つのこと


一通りの家事ができるようにしておく

一人暮らしする時には、いくつか準備しておいた方が良いことがありますが、その1つが一通りの家事ができるようにしておくことです。特に重要になるのが料理や掃除、洗濯です。これらは家事の中でも重要度が高く、すべてできるようになると一人暮らしでも問題なく暮らせるでしょう。もし、料理を作れないと毎日市販の弁当や総菜、外食になってしまい、栄養が偏ってしまう可能性があります。また、外食になると食事代が高くなるデメリットもあるでしょう。

さらに、掃除ができないと衛生環境の悪い場所で暮らす事になったりと、何かとリスクが大きいです。このように、一人暮らしで家事ができないとデメリットしかないので、親や兄弟から家事を学びましょう。

必要な家具や家電を揃えよう

一人暮らしをする時には、必要な家具を揃える必要があります。初めて一人暮らしをする場合、部屋には家具や家電製品が揃っていないので、不便な生活にならないように引越しをする1週間前ぐらいまでに購入しておきましょう。ただ、エアコンはマンションやアパートに初めから完備されている場合が多くなっているので、これから住む部屋にエアコンが完備されているのか確認しておく必要があります。どうしても、家具や家電を購入すると金銭的にきつい場合は、レンタル制度を活用するのも手です。不動産屋によっては、家具をレンタルできる場合もあります。ただ、基本的に自分で購入していく事になるので一人暮らしをするなら早い段階からお金を貯めましょう。

家具の家電のレンタルは、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジの4点セットを1か月以上契約するプランが主流です。