オーダー家具を選ぶときに注意しておきたいところ


どのように品質を決めるか

オーダー家具のメリットは、品質を自由に選ぶことができる点です。例えば、オーダー家具だからといって決して高いものを作る必要はありません。自分が気に入ったデザインならば、その材質自体が仮に安かったとしても特に問題ないでしょう。このように考えれば、ある程度安い金額でつくることは可能になります。ですが、あまり安い素材を使い過ぎると今度はすぐに形が変形してしまう恐れがあります。安い素材の特徴は、時間の経過とともに形が変形してくることです。日本の気候は、温暖湿潤気候になりますので冬場と夏場で気温差があるだけでなく、夏場は湿度が高いのがポイントです。湿度が高い状態が続くと、板が反り返ってしまうようなことがあります。そのため、ある程度品質が高い板を使うのが基本になるでしょう。

使いやすさを第一に考える

オーダーメードにする場合には、見た目が立派なものを作りたがる人が多いです。確かに、見た目は非常に大事で見た目が良ければよいほど自己満足感が生まれるのは間違いありません。ですが、見た目だけではなくその機能性をよく確認しておかなければなりません。完全に飾りならば見た目だけを重視するのは問題ありませんが、実際に利用するとなれば見た目だけでは不十分になります。そこで必要になるのは、実際に自分で使った時に使いやすいかです。大きさなどはある程度コンパクトにしておき、本当に必要なものを入れることができるかは最低限意識しておかなければなりません。形は立派だけども、機能性の乏しい家具だと意味がありません。

和モダンは、日本らしさの良い部分とと欧米のスタイルの良い部分のの融合から生まれています。取り入れることによって住まいの中に落ち着いた自分らしい空間を作ることが出来ます。